MANOUTIL LEATHER WALLET (MADE TO ORDER)


MANOUTIL LEATHER WALLET (MADE TO ORDER)

Directed by Yoshimi Nagao

2020年12月12日~13日にFINNA表参道にて開催されます、長尾悦美さん監修でレザーブランド" MANOUTIL " の革財布をお客様の好みに合わせオーダー頂けるイベントの内容、また革財布の詳細をご紹介致します。

「3,168通りの中から、ご自身だけのお財布を」

今回ご用意させて頂いたお財布の形が2種類、革の種類が6種類、ファスナーのカラー22種類、裏に使用する革の色が6種、引手の種類が2種類ございます。
組み合わせの種類はなんと3,168通り、お客様だけのお気に入りの組み合わせを選んで頂けます。

L zip wallet (LONG)¥44,000 (税込)
L zip wallet(HALF)¥29,700 (税込)

「高品質な革、ここだけの素材」

今回のイベントで選択頂ける革が、MANOUTILで定番で使用されている「ドイツシュリンク」と、今回のイベントの為に準備して頂いたイタリーレザー「ブッテーロ」の2種類となっております。

どちらの革もイタリア、ドイツを代表すると言っても過言では無いタンナー(革を作る工場)で制作されたレザーです。

ブッテーロ / ワルピエ社(Conceria Walpier)
イタリアのトスカーナ地方にある、老舗タンナー「ワルピエ社」が作るブッテーロは伝統的な技法により、時間を惜しまず100%タンニン鞣されました。
植物タンニンのみでなめされたヌメ革は密度が高く、薄く漉いても粘りやハリが強いのが特徴です。
経年変化により、使っていく毎に色が深くなり艶が出ていきます。

ドイツシュリンク/ ぺリンガー社 (LUDWIG PERLINGER GmbhH)
1864年からドイツにて皮革を作り続けている有名老舗タンナーである「ペリンガー社」は、150年以上に渡って培ってきた革鞣しの技術と経験を、近代的な製造方法を結合させることで、安定した最高品質の革を供給しています。
品質が良いだけでなく 環境に配慮したタンナーであることから、世界中のトップブランドから高い評価を得ています。
加工により革の表面を縮める事で凹凸のあるシボを作った、とりわけ弾力があり、傷が付きにくく、水気にも強いのが特徴です。
万が一 傷がついてしまった場合も目立ちにくい事も特徴の1つです。

「オーダーイベントでの特別なコト」

■革の種類とカラー
今回のイベントで選択頂けるブッテーロは長尾さん監修の元、MANOUTILに特別に準備をして頂いたレザーです。
ホワイト、キャメル、ペールピンクの3色から選ぶ事が出来ます。

■ファスナー引手部分のタッセル
レザータッセルは本体と同じレザーを使用しています。
こちらも長尾さんが選定されたもので財布の存在感を演出してくれます。
シンプルな引手を御所望のお客様には、引手の変更も受けておりますのでご安心下さい!

■ファスナーカラーの組み合わせでシンプルにも個性的にも
ファスナーテープカラーが今回選べる革の色に合わせた6色以外にも、発色の綺麗なカラーを5色追加。
ファスナーの金属部分もゴールドとシルバーから選んで頂けますので、ファスナー部分だけでも22種類からお選び頂きます。
同色でシンプルにするのも、配色で個性的に遊ぶのもお客様次第です!

こちらのお財布は12月12日(土),13日(日)の2日間のみFINNA表参道にて開催致します。
完全ご予約制にて開催致しますので、ご希望のお客様は下記のページよりご確認下さい。