FUMIE=TANAKA × FINNA INTERVIEW

「この素材を見たときに、あ、使いたいと思った」

FINNA(以下 F):今回はFINNAの別注をお受け頂きありがとうございました!
お願いした商品について、文江さんが魅力に感じている箇所やこだわりについてお聞かせ下さい。


文江さん(以下 ):まずこの素材についてですがが、よくあるコーデュロイだと組織上凹凸になったものがほとんどで、今回使用しているコーデュロイは針抜きという特殊な織機を使用している為凹凸感がそこまで出なくて、この素材感を見た時に「あ、使いたい」と思いました。

普通のコーデュロイより綺麗な見え方をするのでもう少し大人っぽく着れる、カジュアルになりすぎない素材感が良くてこの素材を選びました。

「ダサいと可愛いの際を作りたくて」

F:デザインについてもお聞かせ下さい。


文:1つデザインを起こすのに、じゃあこの素材を使ってどう落とし込もうかデザインを考え始めました。

これをただそのまま大人っぽく作るのではなくて、「逆」を考えようと。

白いパイピングを使ってシュールに仕上げ、ダサいと可愛いの際(きわ)が作りたくて。

あんまり綺麗にかっちり作りすぎない、だけどカジュアルにもなりすぎない。

ちょっとへんてこな雰囲気があるようなものを作ろうと思いデザインしました。

「実は気になっていて作りたかったもう1色をこの機会で作成出来た事が大きい」

F:その良い意味での違和感が皆さんが惹かれた理由の1つかもしれませんね!
続いてパンツの前開きのウエスト部分にフックを付けて頂く等、調整を行なって頂きましたが、その辺についてもお聞かせ下さい。


文:最初にサンプルを作った際にパンツのフロントにフックを付けていたのですが、はいている最中に外れてしまったりして、外れたフックがニットや下着に引っかかる事があり、SSで製作した商品にはフックの取付けをやめていました。

今回再度作る機会を頂けたので、どうにか改良出来ないかと小さくてコブ(ストッパー)付きのフックを見つけれたので、それを取付けしてあります。
ちょっとしたアップデートですね。
あとはSSの時に実は気になっていて作りたかったもう1色をこの機会で作成出来た事が大きいです(笑)

F:ありがとうございました(笑)
新たにこの色で作って頂きたい!とお願いさせて頂いた素材が文江さんも作りたいと思っていた色と一致していた事が我々も嬉しく感じております!
色々とお聞かせ頂きありがとうございました!