Agaveのすすめ | 日当たり

agave

 

こんにちは。

本日はアガベの日当たりについてお話したいと思います。

前回の記事はこちら:「Agaveのすすめ | 水やり
過去の記事はこちら:「Agaveのすすめ「アガベの育成について」

 

<日当たり>

アガベは日光が大好きです。なるべく日当たりの良い場所に置くことをオススメします。
日当たりがよく、風通しが良い・またはサーキュレーターなどで風通しをよくすれば室内での育成も可能です。
庭などで地植えする場合は、日当たりが良く水はけの良い場所を選んであげてください。

日当たりが悪いと日を求めて高く高く伸びようとし、葉が長く間延びしたり、型が崩れる徒長(とちょう)という現象が起きます。
一度とひどく徒長してしまうと、短く戻すことは出来ません。
元気に育つために植物自身がもつ現象ですので、株自体は元気に育っていますが、型の良さを保とうとする方にとって徒長は大敵です。
西日がよく当たるケースも徒長しやすい要因と言われていますので、日中の日当たりが肝心です。

また、植え込み直後や、暗めの場所で育てていた株を明るい場所に移す場合、一気に明るい場所に移さず1週間ほど半日陰のような場所に置いてから段階を踏んだり、遮光シート越しで育成する等の調整を行なって下さい。
葉が太陽光になれていない状態ですと、葉焼けを起こし表面が茶色く変色し枯れてしまいます。

品種によっては直射を嫌う種もありますので、明るい日陰等で管理する等置き場所を使い分けて下さい。

 

<季節ごとの管理場所のポイント>

【 春 】
春は生長期のはじまりなので日光不足にならないようにします。
日当たり・風通しの良い場所に置くと良いです。
可能ならば屋外での管理がオススメです。

【 夏 】
真夏の直射日光が長時間あたると葉焼け等を起こす場合があります。
日差しが比較的柔らかい午前中まで日が当たるような状況が良いです。
また梅雨の時期に雨に晒したままにすると根腐れを起こしてしまう原因となるので、雨が降ったら室内にいれるか雨除けのある場所に置いてください。
梅雨の時期は風通しの確保も忘れずに。

【 秋 】
春と同様、日当たり・風通しの良い場所で管理します。

【 冬 】
日差しが少ない季節なので置き場所に注意します。
1日に少なくとも3〜4時間程度は日が当たるような場所に置いてください。
比較的寒さに強いアガベですが、最低気温が5°Cを下回る場合は室内で管理してあげると良いです。
また、室内でも窓際は夜にかけてぐっと気温が下がることが多いため、寝る前には窓から15cm程度離してやると寒さによる葉の傷みを避けられます。

 

agave

 

<置く際のポイント>

日差しの当たる向きが一定のままだと、葉の伸びる方向が偏りバランスが悪くなってしまいます。
そのため定期的に日差しの当たる向きに対して鉢を回してあげると良いです。
アガベは日光が当たる時間が少なすぎると葉の色が悪くなったりと調子を崩してしまうことがあります。
葉の色が悪くなってしまった場合は、一時的に屋外や屋外に近い環境で管理することをオススメします。
またある程度の負荷を与え、株の強度を上げることもできます。
株全体や葉の様子を見ながら日々メンテナンスをしてあげてください。

 

次回はアガベを植える際にオススメの用土や植え替えに関してお話いたします。

 

FINNAではこだわりの植物や用土をご用意しております。

ぜひご覧くださいませ。