鬼丸豊喜窯

鬼丸豊喜窯

 

< BRAND >

鬼丸豊喜窯(おにまるとよきがま)

中心に吸い込まれるように丁寧につけられた飛び鉋

見て楽しい、使ってうれしい、心がよろこぶ “ベーシック” が魅力の器に出会える。

 

鬼丸豊喜窯

 

以前ブログにてご紹介した「翁明窯元」と同じ、福岡県の東峰村でつくられる小石原焼の窯元・鬼丸豊喜窯(おにまるとよきがま)を本日はご紹介いたします。

窯元を開いて15年以上になる鬼丸豊喜窯さん。
小石原焼の代表的な技法・飛び鉋と、白と黒の美しいコントラストが特徴の器を作られています。
小さくぎっしりと、中心に向かって吸い込まれるようにつけられた飛び鉋は、まさに「純小石原焼のやきもの」の伝統を表しながらも、現代の食卓にモダンに映ります。
土肌の黒と化粧土の白のコントラストがはっきりとした刷毛目もとても魅力的です。

まさに「伝統」と「今」が融合したクラシックでモダンな器は、和洋中、どんな料理にも合う、日本の現代の食卓にぴったり。
また、ろくろの仕事でしっかりと生地がのびているので、器そのものがとても軽く日常的に非常に使いやすくもあります。

伝統技法を守りながら、時代と共に研ぎ澄まされながらアップデートをしていく鬼丸豊喜窯の器をご用意しております。

ぜひこの機会にご覧くださいませ。