アガベの育成について

 

< アガベの育成について >

アガベの育成方法は品種ごとに多少異なります。
育成される土地の気候や、室内か室外等の置き場所によってポイントが変わります。

かっこいい形のままキープしたい、大きく形良く育てたいという方々は、より深い考察が必要となりますが、
元気に育てる事をポイントにしてポイントを記載していきたいと思います。

育成法には諸説ございますので、ご自身の育成場所と照らし合わせて参考にして頂けたら幸いです。

< 日当たりが悪いと徒長、直射日光は品種とタイミングに気をつけて

日当たり>
アガベは元々暑い地域に自生しており、お日様の光を好む性質を持っています。
日当たりが悪いと日を求めて高く高く伸びようとし、葉が長く間延びしたり、型が崩れる徒長(とちょう)という現象が起きます。
一度とひどく徒長してしまうと、短く戻すことは出来ません。
元気に育つために植物自身がもつ現象ですので、株自体は元気に育っていますが、
型の良さを保とうとする方にとって徒長は大敵です。
西日がよく当たるケースも徒長しやすい要因と言われていますので、日中の日当たりが肝心です。

また、植え込み直後や、暗めの場所で育てていた株を明るい場所に移す場合、
一気に明るい場所に移さず1週間ほど半日陰のような場所に置いてから段階を踏んだり、
遮光シート越しで育成する等の調整を行なって下さい。
葉が太陽光になれていない状態ですと、葉焼けを起こし表面が茶色く変色し枯れてしまいます。

品種によっては直射を嫌う種もありますので、明るい日陰等で管理する等置き場所を使い分けて下さい。

< 置き場所は明るく風通しの良い場所、温度が確保出来るとなお◎ >

<置き場所>
日当たりと風通しが良い場所が好ましいです。
水を沢山あげすぎますと、葉が開きすぎてしまい締まった型が崩れてくる傾向があります。

戸外で直植え等の場合、雨等の水はけが重要になりますので用土を軽石にする等考慮が必要です。
品種と用土の選択次第では、地植え、鉢植えに限らずアガベは雨ざらしでも元気に育ちます。
ですが雪等に関しては、そのまま葉に積もりますと凍結等によるダメージで株が駄目になってしまいます。

気温が5度を切るような季節になりましたら、宅内やハウス等の温度が保てる場所での育成をおすすめします。
直植えの場合はカバーを被せるなどの対処でコールドダメージを緩和出来ますので、寒さや雪対策を行なって下さい。
(日本国内の寒冷地での屋外での育成についての情報もございますが、屋内での育成を推奨致します)

風通しが良い場所に配置をしますと、鉢の中の空気の循環による根腐れの予防や、
光合成を促したりとメリットが多く、常に風の無い場所で育てた植物との育成差が生まれます。

また育成場所の気温を高めに保つことで発根が促進され、根がしっかり張った結果株が元気に育ちます。

どうしても日当たりが確保できない場合は、日光に近い植物用のライト等も販売しておりますので、
人工的な環境となりますが、光を当てての育成も可能です。

< 水やりの回数はぐっとこらえて少なく >

<水やり>
アガベは土がずっと濡れている状態よりも、乾燥している状態を好みます。
濡れた状態が続きますと根腐れの原因となりますので注意です。
日中に水やりを行い直射で鉢が温まりますと、蒸れが起き株の調子が悪くなるケースがあります。
(特に夏期の温度の高い晴れた日は要注意です)

葉に水分を貯めておける植物ですので、水を切らした状態でも一気に枯れることは少なく、
長期間水をあげずにいた場合に、葉の裏にシワのようなすぼみが出てきた場合は水が足りていないサインですので、
沢山お水をあげて、またしばらくは水やりは控えて下さい。
(未発根株は例外とし、葉が枯れてない場合はシワが無くなり、元気な葉に戻ります)

沢山水をあげて成長することよりも、手をかけすぎて根腐れさせてしまったケースの方が多く耳にします。
アガベは水をあげ忘れていても元気に育ってしまうケースも多々ありますので、ご自宅の日当たりや風通し状況によって水やりの頻度を調整して下さい。

春夏秋冬で、水やり頻度等が変わりますので、商品ページの育成方法の目安を是非ご覧下さい。

< 鉢が変われば植物の見え方も変わる >

<鉢>
観賞用の植物全般に言えることですが、同じ植物でも鉢の種類を変えると印象がガラッと変わります。
洋服のコーディネートのように、組み合わせでより美しく存在感を際立たせてあげることが出来るのです。

ロゼットが美しく見えること、大株に使用すると高さが出過ぎないという理由からボールタイプの鉢も人気がありますが、
育成や形を作り込む為にプラスチックの鉢や、ポットの形状が縦長なものに変える方も多くいらっしゃいます。

育てる方の好みや考え方が反映されるポイントの一つですので、是非皆さまのお好みの鉢で育成なさって下さい。

(現在FINNAでもオリジナルの鉢を製作するべく目下計画中です)

< 用土のチョイスが成長の鍵を握る >

<用土>
乾燥を好むアガベには、湿った状態を嫌う為排水性が高い土が最適です。
一般的な多肉植物用として販売されている土でも十分育ちますが、発根の度合いや葉の元気さ、
葉色の良さ、葉の開き具合の形の良さに影響を与えるため、ご自宅の置き位置や
日当たり等に合わせて用土を選んで頂く事をお勧めします。

優れたブレンドの土は、主根と細根のバランスが良く伸びますので、結果的に葉も元気に育ちます。
根腐れを防ぐためにも排水性と保水力のバランスがまずはポイントとなります、
日当たりや風通しが悪く土が乾きにくい環境の場合は軽石や鹿沼土の配合を上げるなどして、
土が乾きやすいよう調整する事をお勧めします。
逆に保水力を高めなければいけない場合は赤玉土の配合量を増やす等して調整を行って下さい。
土の粒の大きさにも種類がありますので、それらを効果的に混ぜる事で自宅環境にあった
土をブレンドする事が可能になります。

また固形肥料や液体肥料で育成促進をするケースを多々拝見しますが、
使い方を間違えると徒長や葉の成長バランスの崩れになりますので、
ご使用されるとしてもやや控えめに与える事をお勧めします。

なかなか家で配合までは、、、という方は多肉用の土として混ぜ合わせて
販売されている土もございますので、内容物の土の種類を見てお買い求めになる事も方法の一つかと思います。
ですが安く売られている土の多くは配合の混ぜ合わせが大雑把で、同じメーカーの土を買っても
袋によって中身の配合率がバラバラだったりと安定性が悪い事と、微塵(みじん)が沢山含まれている為、
土を使用される前にふるいにかけて頂きたい事を考慮させて頂くと、元々内容物が信用出来て
かつ成長が期待出来る土を使用して頂きたいと考えております。

FINNAでは、すでにブレンド済みの土として多肉植物や塊根植物の相性抜群の用土、 
BANKS Collectionのプレミアム用土“BEST SOIL MIX”をお勧めしております。

F I N N A WEB SHOPでも現在販売しております。
多くの方に是非この素晴らしい土を試して頂きたいという想いから、送料等もお安く設定させて頂いております。
お近くにお取り扱いの無い方は是非ご検討下さいませ。

BANKS Collection  “BEST SOIL MIX”